さくらんぼ計算から派生して大切にしていることの違いが見えた



さくらんぼ計算、やっと本当の意味で理解できたと思う。

『8に2を貸すだろ、で、5が残って…15!』
そう、それ!正解!

いや、作業としてはやれてたけど、理解してる?って思うことが以前はあって。
今は概念をちゃんと理解できてるなと感じる。

なかなかストンと入らず、宿題のことを考えて帰りにメソメソ泣くようになり確実にできる量と内容に減らしてもらった。
出来る様になった最近は調子づいて終わって追加で課題を出しても積極的にやるようになってる。

やっぱり理解してやれた方が楽しいよね。

でも、うちとは全く違う方法でやってる家もある。
違う学校の支援級に在籍する友達の子は、在籍はしているものの今も普通級で頑張っている。
支援の先生が入り込みでみんなと同じ課題をやってる。
算数も3ケタ計算やってるとか。
でも方法はまさかの暗記。
例えば8+7=15などの足し算や引き算を全部暗記で切り抜けようとしているらしい。
可能なんや。
ひととおりやり方をきいたら…
なるほど。たしかにやれる方法があった。
一桁の足し算と、18までの引き算を全て覚えれば可能だった。

でも数の概念はまだみたいなことを言っていた。
例えば20+1、いつも通りのひっ算だと答えは書けるらしいが、出し方を変えると難しいらしい。
8と7、どちらが大きいか分からないようなことも言ってたかな。
そこは一旦後回しにしたと。

数の概念得る方が先やん、て一瞬思ったけど普通級でみんなと一緒に学ぶことを優先しているので理解より『できる』ことの方が大事だったんだろう。

数の概念だって、やってるうちにふと繋がったりするものだろうし、まず暗記から入るやり方だって間違いではないんだろう。
掛け算も暗記だもんね。

他にも訊くと国語では何行も同じ字を書いたりトメハネハライもきっちり正しいものをやっているらしい。
うちは多少おかしくても形として捉えられていればOK。細かいことは後回し。

だいぶゆるいやり方だけど、しばらくはこれでいいかなって思ってる。
変な言い方、どうせ?支援なんだし焦ってすすめていくより本質的な理解とか学ぶ楽しさを分かってほしいなって。
友達、私の話きいて『甘いわ』って思ったかもな…


子どもによって合う合わないもあるしやり方も色々ってことで。


昔からやり方や大切にしていることが違うのでこういう話をすると改めて考えさせられることや気づかされることが多い。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


Posted byかよこ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply